文字サイズ

ダウンロード カタログ 依願書

アスベストに関するよくある質問Frequently asked questions about asbestos

質問一覧

解答

アスベストとはなんですか?
アスベストは、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物の総称で、石綿(「せきめん」または「いしわた」)とも呼ばれています。蛇紋岩系のクリソタイルと角閃石系のアモサイトなど6種類の鉱物を指します。
耐熱性、耐薬品性、絶縁性等の諸特性に優れている為、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等3000種を超える利用形態があるといわれ、かつては「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。
アスベストの法規制にはどのようなものがありますか?
昭和50年に含有5%超の吹付け原則禁止
平成7年に含有1%超の吹付け原則禁止
アモサイト、クロシドライトの使用禁止
平成18年アスベスト全面禁止(含有率0.1%)
クリソタイル全面禁止
人体にどんな害がありますか?
石綿粉じんを吸入すると石綿肺(じん肺の一種)、肺がん、胸膜、胸膜等の中皮種などの病気を引き起こすおそれがあります。
建物のどこに使われていますか?
建築物の壁材、屋根材、外装材、内装材など多くの場所で使用されています。
飛散性の吹付け材と非飛散性の成形板とに分類されています。
見た目でアスベストかの判断がつきますか?
見た目では判断はつきません。アスベスト調査・分析会社による分析調査が必要です。
調査にはどのくらいの費用がかかりますか?
建物の規模、分析対象建材の数によって費用が決まりますので、別途御見積いたします。(御見積無料)
アスベストが使用されている場合、どうしたらよいですか?
除去、封じ込め、囲い込み等の措置もしくは定期的な浮遊アスベスト測定が必要になります。
偏光顕微鏡法でのアスベスト分析はできますか?
2014年3月に経済産業省より、建材製品中のアスベスト含有率測定方法を定めたJISについて一部改正が行われました。
この改正に伴い、建材中のアスベスト含有率測定に”偏光顕微鏡”を用いた方法が追加されました。
偏光顕微鏡での分析方法はこれまでの分析方法と比べて分析工数が減少するため、短納期・低価格が可能となります。
環境リサーチでは十分な数の偏光顕微鏡と専門の技術者がおり、迅速な分析に対応できる体制を整えております。

一覧にもどる

環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから