文字サイズ

ダウンロード カタログ 依願書

カビについてAbout mold

カビとは

カビは糸状構造を持つ糸状菌の一群であり、真菌類に属しています。
この真菌類にはカビが属している糸状菌の他、酵母菌(コウボ)と担子菌(キノコ)の3つの仲間が含まれています。
カビは高温多湿な環境でよく育つため、日本のように温暖で湿気も多い環境はカビの発育と活動には良い条件となっています。

カビは菌糸を持ち、その菌糸が網目状あるいは繊維状に発育し、様々な色調の集落(コロニー)を形成します。餅・パン・みかんなどの食物や、お風呂場をはじめとする水周りに見られるものは、すでに発育したコロニーの状態です。

  • パンに付着したカビ

  • 石膏ボードの紙に付着したカビ

カビは他の生物が不要になった有機物(炭水化物やタンパク質など)や動植物の遺骸を無機物に分解除去し、環境を掃除する役割も担っているため、生態系の維持には欠かすことができない生物です。しかし、一般住宅の中では食品や家、衣服など様々なものに発生し、分解・劣化させます。
一方で、日本人はカビを生活に役立てるよう工夫し、味噌、醤油、鰹節、焼酎等を作り上げる発酵という技術を進展させてきました。

くらしとカビ

カビの発育には栄養分、酸素、温度、水分のような「環境」と、カビが定着してから成長するまでの「時間」が必要です。胞子の定着箇所がカビの発育に必要な条件を満たしていればカビの胞子は発芽し、菌糸を伸ばして成長し、菌糸上に新しい胞子を作ります。
また、その胞子は空気中に浮遊し、風や人の動きにより周囲に拡散していき、さらにその胞子が定着・発芽し、菌糸を伸ばす、というようにカビの汚染が拡大していきます。

一般的な住宅では、
  • 植物を原材料とするもの(畳、木材、ベニヤ板、布、紙)
  • 合成樹脂を原材料とするもの(プラスチック製品、塗料、接着剤、塩化ビニル)
  • 有機素材と無機素材の混合物(石膏ボード、塗り壁)
等の有機物を含んでいる建材が多く使用されています。これらはカビの栄養分になります。
他にカビが成長するために必要な条件として水分がありますが、水分は空気中に水蒸気として含まれており、温度や湿度の変化の影響により、水蒸気が水に変わり、結露となって現れます。局所的にでも水分があれば、環境の条件が整うこととなり、カビが生えてきます。

最近の住宅は、快適な住環境を保つために適温性が重視されており、それを維持するために気密性・断熱性も高く、間仕切りが多い構造となっています。その結果、通気が悪くなり、湿度も高く、結露が生じやすい環境となり、かえってカビが発育しやすい環境となってしまっています。
なお、ダニの中にはカビを餌として発育する種類もあるため、住居の中でカビが増えるとダニが増える可能性も高くなります。
カビの発生は環境と時間の条件が整えば、広範囲に広がっていくため、出来る限り被害の小さい時点で発見し、被害の拡大を抑える対策を考える必要があります。

参考文献
阿部恵子「建物のカビを考える」(『設備と管理』2005年6月号)

カビの調査に関しては下記までお問い合わせください。

環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから