文字サイズ

ダウンロード カタログ 依願書

シックハウス症候群についてAbout Sick house syndrome

シックハウス症候群とは

気密性能の向上や化学物質を発散する建材・内装材の使用等により、新築・改築後の住宅やビルにおいて、化学物質による室内空気汚染等により、居住者の様々な体調不良が生じている状態が報告されています。
症状が多様で、症状発生の仕組みをはじめ未解明な部分が多く、また様々な複合要因が考えられることから、このような症状を「シックハウス症候群」と呼んでいます。(厚生労働省報告書による)
その原因の一部は、内装材や塗料、接着剤等から発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン等)と考えられています。
これらの化学物質と健康被害の因果関係はまだ解明されていない部分も多くありますが、これらの濃度が高いところに長期間いた場合に健康に影響が出ることがあります。

近年になってシックハウスが大きな問題になってきたのは、建材、家具、日用品等に多くの化学物質が使用されるようになったこと、住宅やビルの気密性が高くなったこと、そしてライフスタイルが変化し、エアコンをつけて窓を閉め切る等によって換気不足しがちになったこと等が考えられます。
昔の住宅は閉め切っていても隙間などからの自然換気があり、空気の入れ替わりがありました。その場合は、仮に化学物質が室内に発散しても、自然の換気で濃度があまり高くならずに済んでいたと考えられます。しかし、現在では住宅の気密化が進み、計画的な換気をきちんと行わないと、化学物質の室内濃度が高くなってしまうのです。

環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから