文字サイズ

ダウンロード カタログ 依願書

音についてAbout sound

騒音問題

マンションのような集合住宅に住んでいる人の苦情のトップは、上階からの騒音と言われています。集合住宅における騒音問題は、階下に住んでいる人だけが被害者ではありません。 騒音源になっている住人にとっても、近隣に迷惑を掛けているのではないかと負い目を感じながら暮らさなければならない、精神的苦痛を強いるものです。
そこで、最近売り出されているマンションでは、様々な最新設備と共に、床の遮音性能の高さを競い合っている様子が見受けられます。朝早く、車の走行音により安眠が妨げられたり、夜、隣室のテレビの音が気になることがありませんか。
快適な生活をするためには不愉快な音があっては困ります。 不愉快な音とは、落ち着いた雰囲気が欲しい部屋や静けさが望まれる時間に聞こえる騒音のことを言います。このために、住まいの構造やプランには音に対する十分な配慮が必要です。

音に関する基礎知識

音の性質と単位

「音」とは、音源から発したエネルギーが空気中に振動(音波)となって伝わること。この音波が、人間の耳に入り鼓膜を振動させ、それが神経により脳に通じて知覚されます。
音の波が1秒間に何回上下するかを数値にしたものを「周波数」といい、Hz(ヘルツ)で表します。人間の耳にに聞える周波数の範囲は、約20Hz~20kHz。周波数の低い音は低音、高い音は高音となり、また周波数が2倍になると1オクターブ高い音になります。

音の強さや大きさは音波の振幅に関係します。音のエネルギーの大きさと音波の振幅の大きさは物理的な量で把握されるもので、「音の強さ」と呼び、dB(デシベル)で表します。
「音の大きさ」とは人間の感覚として感じられる量を示すもの。人間の耳に聞える音の大きさは、エネルギーの大きさだけでなく、周波数によっても異なります。一般的に周波数が高くなるとないエネルギーでも大きく聞こえます。

騒音源となる音について説明します。床を通じて生じる音を床衝撃音といい、その音の種類によって、重量床衝撃音と軽量床衝撃音に分けられます。重量床衝撃音で代表的なのは、人の足音や飛び跳ねる音で、低音域で発生します。
軽量床衝撃音で代表的なのは、物を落としたり移動させる際に生じる音で、中高音域で発生します。

暮らしの廻りの音のレベル

音は「強さ」(振幅)、「高低」(周波数)から成り立ち、そしてさらに「音色」(音の快・不快)も音の構成要素をなしています。
騒音とは私たちが不快と感じ、取り除きたい音。市街地での騒音の大きさは60dB以上が多く、この状態では快適に暮らせません。騒音としてのレベルは自動車の警笛が110dB、地下鉄の車内が90dB、交通量の多い道路が80dBとされています。
また人のどなり声は地下鉄の車内と同等の騒音レベルの90dB、普通の会話は60dBとなります。一般的に、室内で快適な暮らしができる許容騒音レベルは、40dB以下といわれています。

音の伝わり方

音には空気中を伝わって耳に届く「空気音」と、足音や物の落下音が床や壁を伝わって聞える「固体音」の2種類があります。

【1】 空気音
ジェット機の音や自動車の音、楽器の音など、空気中を伝わってくる音。
【2】 固体音
上階の足音やスピーカーの振動音、電車やトラックの振動音、トイレの排水音など、物体を振動させて聞えてくる音。

環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから