文字サイズ

ダウンロード カタログ 依願書

測定対象物質の詳細Measurements of work environment

法令により作業環境測定を行わなければならない物質(平成27年11月現在)

屋内作業場で次の物質を取り扱う作業を行う場合に、作業環境測定を定期的に(粉じん、石綿、 特化物、有機溶剤は6月以内ごと、鉛は1年以内ごと、放射性物質は1月以内ごと)行う必要があります。

1 粉じん 「石綿」及び土石・岩石・鉱物・金属・炭素などの「粉じん」
2 電離放射性物質 密封していない放射性物質
3 特定化学物質 特定化学物質障害予防規則で定められている第1類物質及び第2類物質

アクリルアミド、アクリロニトリル、アルキル水銀化合物、アルファ-ナフチルアミン及びその塩、インジウム化合物、エチルベンゼン、エチレンイミン、エチレンオキシド、塩化ビニル、塩素、塩素化ビフェニル、オーラミン、オルト-トリジン及びその塩、オルト-フタロジ二トリル、カドミウム及びその化合物、クロム酸及びその塩、クロロホルム、クロロメチルメチルエーテル、五酸化バナジウム、コバルト及びその無機化合物、コールタール、酸化プロピレン、ジアニシジン及びその塩、ジクロルベンジジン及びその塩、シアン化カリウム、シアン化水素、シアン化ナトリウム、四塩化炭素、1,4-ジオキサン、1,2-ジクロロエタン、3,3'-ジクロロ -4,4'-ジアミノジフェニルメタン、1,2-ジクロロプロパン、ジクロロメタン、ジメチル-2,2-ジクロロビニルホスフェイト(DDVP)、1,1-ジメチルヒドラジン、臭化メチル、重クロム酸及びその塩、水銀及びその無機化合物、スチレン、1,1,2,2-テトラクロロエタン、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、トリレンジイソシアネート、ナフタレン、粉状のニッケル化合物、ニッケルカルボニル、ニトログリコール、パラ-ジメチルアミノアゾベンゼン、パラ-ニトロクロルベンゼン、砒素及びその化合物、弗化水素、ベータ-プロピオラクトン、ベリリウム及びその化合物、ベンゼン、ベンゾトリクロリド、ペンタクロルフェノール及びそのナトリウム塩、ホルムアルデヒド、マゼンタ、マンガン及びその化合物、メチルイソブチルケトン、沃化メチル、リフラクトリーセラミックファイバー、硫化水素、硫酸ジメチル

4 鉛等 鉛中毒予防規則に定める鉛、鉛合金及び鉛化合物
5 有機溶剤 有機溶剤中毒予防規則で定められている第1種または第2種有機溶剤
※( )内クロロホルム等10物質は、法令改正により有機溶剤から特化物に移り、法令上有機溶剤ではなくなりましたが、「混合有機溶剤」(複数の有機溶剤を混合したもの)の成分として含まれる場合には他の有機溶剤成分とともに混合有機溶剤としての測定が必要な物質です。

アセトン、イソブチルアルコール、イソプロピルアルコール、イソペンチルアルコール、エチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、エチレングリコールモノ-ノルマル-ブチルエーテル、エチレングリコールモノメチルエーテル、オルト-ジクロルベンゼン、キシレン、クレゾール、クロルベンゼン、(クロロホルム)、酢酸イソブチル、酢酸イソプロピル、酢酸イソペンチル、酢酸エチル、酢酸ノルマル-ブチル、酢酸ノルマル-プロピル、酢酸ノルマル-ペンチル、酢酸メチル、(四塩化炭素)、シクロヘキサノール、シクロヘキサノン、(1,4-ジオキサン)、(1,2-ジクロロエタン)、1,2-ジクロルエチレン、(ジクロロメタン)、N,N-ジメチルホルムアミド、(スチレン)、(1,1,2,2-テトラクロロエタン)、(テトラクロロエチレン)、テトラヒドロフラン、1,1,1-トリクロルエタン、(トリクロロエチレン)、トルエン、二硫化炭素、ノルマルヘキサン、1-ブタノール、2-ブタノール、メタノール、(メチルイソブチルケトン)、メチルエチルケトン、メチルシクロヘキサノール、メチルシクロヘキサノン、メチル-ノルマルブチルケトン

環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから